2007年09月08日

厚生労働省の役人が誹謗のカキコ

「社会保険庁と自治体の職員による年金保険料等の横領が計99件、3億4,000万円に上ることが明らかになりましたが、今後の対応について教えてください。」

相次ぐ年金ネコババに舛添要一(ますぞえ・よういち)厚生労働大臣が、この頃頻繁にテレビに顔を出す。

1回だけのことでも、テレビは同じ場面を朝昼夕方とニュースで繰り返す。

「九州厚生局の前局長を巡る問題なんですけれども・・現在どのようになっていますでしょうか。」

九州厚生局の前局長が国の補助金を受け取った福祉法人の理事長から小遣いと高級車を受け取って、舛添要一・厚生労働大臣が、テレビカメラを前に釈明をする。

この役所が新聞テレビのニュースにならない日がないぐらい、ニュースは続々と続く。

すると、今度は仕事中に何をやってるんだろう。

オンライン百科事典のウィキペディアに厚生労働省の役人が職場にあるパソコンから厚労相の都合のよい修正を行っていた、とまたニュース。

2007年9月8日付、朝日新聞・朝刊一面の真ん中を囲み記事で飾った。

2006年4月5日、ミスター年金こと長妻昭・衆議院議員(民主党)の項目に「行政官を酷使して、自らの金稼ぎにつなげているとの指摘もある」と厚生労省の行政官が書き加えた。

匿名性ゆえに感情のおもむくままにネガティブにカキコするネット利用も、ウィキスキャナーの公開でばれてしまった。

厚生労省に限らず役所の人たちが、仕事中に仕事とは関係のないサイトを閲覧していることは、実はサイト運営者たちには分かっている。

アクセス解析機能のあるサイトには、どのパソコンから閲覧しているのか、簡単に日時などが特定される。

中央官庁のパソコンで閲覧すると、サイト運営者が解析すると、ご丁寧に漢字で「○○省」と固有名詞で表記されることになっている。

厚労省では「職員個人の職務以外の行為」とし、犯人を探し出し、厳重注意をするようだが、中央官庁の人たちは、仕事中に興味本位に仕事と関係ないサイトを覗いていると、サイト運営者にはサボっていることがばれていることはくれぐれも自覚しておいたほうがいい。

なお、ニュースがあった本日、ウィキペディアの「長妻昭」には、こんなふうになっていた。

2007年8月、Wikipedia Scannerでの検索により、2006年4月5日に厚生労働省内部より当項目に書込みがあったことが発覚。長妻氏を誹謗中傷する内容であったが、厚生労働省事務次官が「遺憾である」とコメントしている[5]。
posted by B級政治 at 19:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 厚生労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

夫婦別姓は自分のエゴ?

04年8月21日に今は閉鎖されたメルマブログ「男と女のC級ジャーナル」で、「夫婦別姓は自分のエゴ?」を書きました。

そこそこの反響がありました。

「夫婦別姓は自分のエゴ?」

夫婦別姓の導入の是非を巡り、自民党が反対、他党は賛成しているという。

生死に関わる問題でもなく、どちらでもいいと思っていたが・・これが死活問題の人が。

自民党でも野田聖子議員は賛成、熱心な推進派。

「名字を変えて変えると、これまでの仕事の蓄積を失ってしまう、家名を残すことができなくなる、そうした事情を抱え悩んでいる人たちがいる」(朝日新聞8月18日)

?・・ご自分のこと?

野田さんは参院議員の鶴保庸介氏と結婚したはずが、未だ「野田」を名乗っているし、鶴保氏も「野田」を名乗っていない。

選挙に「鶴保」では、不利なのであろう。

「野田」は祖父から続く姓。
選挙地盤とともに、「野田」を引き継いだ。

これでは封建的な家制度を選挙に利用したいだけでは?

「困っている人たちを助けることは政治家の役目だ」と断言。

困っている人たち?

野田さんが推進したいのは、困っている人たちより、自分のためでは、と勘ぐりたくなる。

「夫婦別姓は、定型ではない自分なりの生き方を考えるきっかけとなる」

「自己決定に基づく新しい社会を築く試金石でもある」

何を奇麗事を、と思う。

夫婦別姓でなくとも、自分なりの生き方を考えることは可能。

自己決定に基づく新しい社会も、またそう。

夫婦別姓でなくて困るのは、実際名の知られている政治家ぐらいで、同じ名の知られている芸能人は芸名、何の不都合もない。

では、一体誰のために導入するのか。

これでは自分のエゴのために夫婦別姓を唱えているのでは、と思わざるを得ない。
posted by B級政治 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

初めてのトラックバック

今は閉鎖されたメルマブログ「B級政治」で、初めてトラックバックがついたのは記憶に間違いなければ、「国民年金未納率36%」(04年7月29日)です。

内容は次の通りです。

いかに当てにされていないのか。

03年度国民年金の保険料未納率36.2%、20代に至っては51%の高さ。

将来もらえるものかどうか、分からないものに、なぜ納めなければならないのか。

そんな思いがあるのでは。

新たな制度では、2017年度まで毎年保険料を引き上げていく。

給付はモデルケースの約50%といわれているが、少子化がもっと進めば、どうなるの?

保険料はきちんと固定的に確実に上がるが、貰える給付は保障されていない。

そこへもって保険料から職員用宿舎の建設、長官の交際費、公用車を充当するという。

これって、保険料で賄うべきもの?

税金で賄うものでは?

せめてわれわれが払った保険料は、われわれのために使って貰いたい。

さらにあきれることが。

元女性職員が社長を務める会社から、社会保険庁がコード表を市価の7倍で購入。

パンフレットの印刷など約10億9000万円にのぼる随意契約。

夫が社長を務める会社ともプリンターのリースなど総額27億円の随意契約。

この役所のやってることは、一体何なの?

これでは、穴の開いたバケツに水を入れているようなもの。

これで、社会保険庁幹部が未納者に対して「一罰百戒」だと?

一罰百戒(いちばつひゃっかい)?

罪を犯した者を一人罰して、それを多くの人の戒めとすること。

ふざけるな!
posted by B級政治 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。