2007年01月30日

楽天広報部から届かなくなりました

閉鎖されたメルマブログで、こんなことを書いたら、楽天広報部から届いていたメールが届かなくなりました。

楽天さん、これからも仲良くしてくださいね。楽天イーグルス応援しています。

「たかが選手に名物ビンタ」(2005年02月24日)

楽天イーグルスの戸叶尚(とかのひさし=佐野商高)投手、カツノリ(野村克則=堀越高、明大)捕手の2選手が、アントニオ猪木氏の名物ビンタを受けた。

なぜ何のために、キャンプ地まで出向いて、アントニオ猪木がこのようなパフォーマンスを行ったのか。

その理由を知りたくて、楽天広報部へメールを送った。

楽天広報部から毎日のようにメール情報が送られ、記事パブリ(シティ)を頼まれるが、こちらからの名物ビンタの件については、2度目のメールでようやく現場広報の携帯番号を知らせるだけで、回答を寄せない。

世間の話題を取るために、球団の大切な宝物であるプロ野球選手をマスコミの貢ぎ物(みつぎもの)として差し出したのだろうか。

選手は強烈な痛みに悶絶(もんぜつ)、これに場内は大爆笑したという。

まるでマスコミのさらし者のように見世物ショーに2人を扱う。

これはファンサービスでない、ただの悪ふざけ。

そこにはたかが選手という楽天球団の浅はかな考えが働いてはいないのか。

楽天はいつまで話題を取るために、「モーニング娘。」の視察やら、アントニオ猪木の名物ビンタをやらせるのか。

まったくピントはずれなパフォーマンスを繰り出す、この球団は、少し感覚がずれてやしないのか。

プロ野球選手をこのように扱うことは、プロ野球を最大限に利用して、とにかく楽天の広告塔として十分活用したい、というそのことばかりに気が取られている。

プロ野球そのもので話題性を取るソフトバンクを少しは見習ったらどうか。
posted by B級政治 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。