2007年01月21日

誹謗中傷への反論に同調者現れる

ネットの掲示板で、拉致被害者の曽我ひとみさんとジェンキンスさん一家への誹謗中傷がひどくなりました。

そこで、その批判への反論を書きました。

意外だったのは、曽我さんへの批判をしていた人の中で、この反論に同調した人が出てきたということです。

「あんまりだ曽我さん批判」(2004年07月16日)

曽我さんは北朝鮮に拉致された被害者で、国民の安全を政府が責任を持つのは、政府の役割として当然のこと。

1泊20万円のスイートルームや高額なチャーター便などのVIP待遇は、批判に耳を傾けなければならないが、だからといって曽我さんをバッシングするのは筋違い。

曽我さん一家より悲惨な生活を送っている人たちがいるのに、曽我さん一家ばかりが特別待遇を受けていることは、曽我さん一家の責任ではない。

もちろん政府は国民を平等に扱う必要がある。

ジェンキンスさんはアメリカ軍の脱走兵で、罪を償ないアメリカ人に、なぜ日本の税金が払われるのかは、曽我ひとみさんの夫だから。

拉致した北朝鮮が悪いのは当然だが、北朝鮮との一時帰国の約束を破り、家族を引き離したのは日本政府。

日本政府がアメリカ政府に対して、ジェンキンスさんを訴追対象から外すよう努力して、来日させようとするのは、そのため。

だとすれば、ジェンキンスさんへの批判もいささかおかしい。

このほか、曽我ひとみさんがジェンキンスさんと公然とキスしたことは、人それぞれの愛情表現。

他人がとやかく言うことではない。

ジェンキンスさんの病状を仮病、臆病と貶(けな)すことは、脱走兵といえども、個人の名誉にかかわり、穏やかな言い方ではない。

曽我さん一家への批判はあんまりだと思う。

posted by B級政治 at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。