2008年11月03日

ただの軽率な人?

航空自衛隊トップの田母神俊雄航空幕僚長(60)が「日本が侵略国家だったとはぬれぎぬだ」などと主張する論文を民間企業の懸賞論文で発表したことが31日、分かった。日中戦争での日本の侵略や植民地支配を正当化する内容で、浜田靖一防衛相は同日夜、「政府見解と異なり不適切だ。職にとどまるべきではない」と述べ、同空幕長を同日付で解任した。

 言動をめぐり、自衛隊のトップが更迭されるのは、「現地部隊が超法規的行動を取ることはあり得る」などと発言し、1978年に解任された栗栖弘臣統合幕僚会議議長(故人)以来。田母神空幕長は31日付で航空幕僚監部付となり、後任は未定。

 論文は「日本は侵略国家であったのか」という題で、全国にホテルを展開する「アパグループ」(東京都港区)が、第1回「真の近現代史観」懸賞論文として募集。賞金300万円の最優秀賞を受賞した。同社はホームページ(HP)のほか、11月5日発売の自社発行の雑誌にも掲載、英訳も含めた論文集も出版するという。

 空幕長は論文で、「わが国は蒋介石により日中戦争に引き込まれた被害者」と強調。「穏健な植民地統治をした」「多くのアジア諸国が肯定的に評していることを認識しておく必要がある」などと続け、「わが国が侵略国家だったなどというのはまさにぬれぎぬである」と主張している。 

以上、時事通信より引用

田母神空幕長は、ただの軽率な人でしょう?

だって、その前にも、「そんなの関係ねー」とか、お笑いパーフォーマンスみたいなことやっているわけだし。

この人が危ないのは、空幕長という高い立場にあるということです。

政府見解にしたがって、考え行動できない人は、自らやめるべきです。

それが文民統制下における軍?幹部の務めでしょう。

アパグループも、こういう会社だったのか、ということで、これから世の中の見方も変わるかも。

会社の業績にも影響しかねない。
posted by B級政治 at 11:56| Comment(44) | TrackBack(2) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

適格性疑われる責任逃れの姿

新銀行東京の杜撰(ずさん)な経営に、任命責任を問われた石原慎太郎・東京都知事は、暗に奥田碩・前日本経団連会長に責任があるように、なすりつけた。

任命責任が、どうして知事でもない経団連会長にあるのだろうか?

こういう言い方はないでしょう。

経団連会長は、推薦しただけ。

それで任命責任が問われるはずもない。

よくも財界総理と呼ばれる経団連会長が黙っているなあ、と思っていたら、やはりカンカンだったという噂が流れてきた。

自らの責任は触れずに、責任逃れで、他人に責任をなすりつける都知事の姿は、リーダーとしての適格性が疑われるし、自らの品格を落とすだけ。

しかも、責任をなすりつけられた人から反感を買い、敵に回す。

これまでも石原・都知事は、他者へのいたわりや配慮を欠く言動で、外に敵を作ってきた。

今度は自らの保身のために、内にまで敵を作っているという姿を全国の人たちにさらけ出してしまった。

前会長は、腹が立っても、公の場では何も語らない。

言えば、自らの人格を下げるだけで、沈黙は金であり、男の品格を保った。

だが、石原都知事がこのままでは財界の報復活動が始まるかもしれない。
posted by B級政治 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(2) | 金融財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

まさかと言う坂

「人生には、上り坂もあれば、下り坂もある。そしてもうひとつの坂がある」

どういう坂なのか?

ひとつ間をおいて、「まさかと言う坂」。

笑わせてくれる漫談をやってくれる。

10月4日、夜のテレビニュースに、あの人気者が画面に現れた。

総理大臣を辞めても、まだまだテレビの注目度は高い。

この人、純ちゃんこと、小泉純一郎さん。

またまたテレビカメラを意識して、面白いことを言う。

やはりテレビ向けの政治家は、そこを心得ている。

まさかと言う坂は、安倍晋三前首相の突然の職務放り投げ。

この総理大臣は、大衆支持を政権基盤としてきた純ちゃんとは違って、面白いことは何も言えない。

純ちゃんは派閥と闘った。

多くを敵に回し、総理大臣の椅子を勝ち取った。

その後も、党内の反対勢力を「抵抗勢力」と絶叫して、追い出してしまった。

だが、闘う政治家を自任してきた安倍前首相は、ほとんど闘うことなく、総理大臣となって、闘う気力が消えうせてしまった。
posted by B級政治 at 09:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 内閣総理大臣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

厚生労働省の役人が誹謗のカキコ

「社会保険庁と自治体の職員による年金保険料等の横領が計99件、3億4,000万円に上ることが明らかになりましたが、今後の対応について教えてください。」

相次ぐ年金ネコババに舛添要一(ますぞえ・よういち)厚生労働大臣が、この頃頻繁にテレビに顔を出す。

1回だけのことでも、テレビは同じ場面を朝昼夕方とニュースで繰り返す。

「九州厚生局の前局長を巡る問題なんですけれども・・現在どのようになっていますでしょうか。」

九州厚生局の前局長が国の補助金を受け取った福祉法人の理事長から小遣いと高級車を受け取って、舛添要一・厚生労働大臣が、テレビカメラを前に釈明をする。

この役所が新聞テレビのニュースにならない日がないぐらい、ニュースは続々と続く。

すると、今度は仕事中に何をやってるんだろう。

オンライン百科事典のウィキペディアに厚生労働省の役人が職場にあるパソコンから厚労相の都合のよい修正を行っていた、とまたニュース。

2007年9月8日付、朝日新聞・朝刊一面の真ん中を囲み記事で飾った。

2006年4月5日、ミスター年金こと長妻昭・衆議院議員(民主党)の項目に「行政官を酷使して、自らの金稼ぎにつなげているとの指摘もある」と厚生労省の行政官が書き加えた。

匿名性ゆえに感情のおもむくままにネガティブにカキコするネット利用も、ウィキスキャナーの公開でばれてしまった。

厚生労省に限らず役所の人たちが、仕事中に仕事とは関係のないサイトを閲覧していることは、実はサイト運営者たちには分かっている。

アクセス解析機能のあるサイトには、どのパソコンから閲覧しているのか、簡単に日時などが特定される。

中央官庁のパソコンで閲覧すると、サイト運営者が解析すると、ご丁寧に漢字で「○○省」と固有名詞で表記されることになっている。

厚労省では「職員個人の職務以外の行為」とし、犯人を探し出し、厳重注意をするようだが、中央官庁の人たちは、仕事中に興味本位に仕事と関係ないサイトを覗いていると、サイト運営者にはサボっていることがばれていることはくれぐれも自覚しておいたほうがいい。

なお、ニュースがあった本日、ウィキペディアの「長妻昭」には、こんなふうになっていた。

2007年8月、Wikipedia Scannerでの検索により、2006年4月5日に厚生労働省内部より当項目に書込みがあったことが発覚。長妻氏を誹謗中傷する内容であったが、厚生労働省事務次官が「遺憾である」とコメントしている[5]。
posted by B級政治 at 19:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 厚生労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

楽天広報部から届かなくなりました

閉鎖されたメルマブログで、こんなことを書いたら、楽天広報部から届いていたメールが届かなくなりました。

楽天さん、これからも仲良くしてくださいね。楽天イーグルス応援しています。

「たかが選手に名物ビンタ」(2005年02月24日)

楽天イーグルスの戸叶尚(とかのひさし=佐野商高)投手、カツノリ(野村克則=堀越高、明大)捕手の2選手が、アントニオ猪木氏の名物ビンタを受けた。

なぜ何のために、キャンプ地まで出向いて、アントニオ猪木がこのようなパフォーマンスを行ったのか。

その理由を知りたくて、楽天広報部へメールを送った。

楽天広報部から毎日のようにメール情報が送られ、記事パブリ(シティ)を頼まれるが、こちらからの名物ビンタの件については、2度目のメールでようやく現場広報の携帯番号を知らせるだけで、回答を寄せない。

世間の話題を取るために、球団の大切な宝物であるプロ野球選手をマスコミの貢ぎ物(みつぎもの)として差し出したのだろうか。

選手は強烈な痛みに悶絶(もんぜつ)、これに場内は大爆笑したという。

まるでマスコミのさらし者のように見世物ショーに2人を扱う。

これはファンサービスでない、ただの悪ふざけ。

そこにはたかが選手という楽天球団の浅はかな考えが働いてはいないのか。

楽天はいつまで話題を取るために、「モーニング娘。」の視察やら、アントニオ猪木の名物ビンタをやらせるのか。

まったくピントはずれなパフォーマンスを繰り出す、この球団は、少し感覚がずれてやしないのか。

プロ野球選手をこのように扱うことは、プロ野球を最大限に利用して、とにかく楽天の広告塔として十分活用したい、というそのことばかりに気が取られている。

プロ野球そのもので話題性を取るソフトバンクを少しは見習ったらどうか。
posted by B級政治 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

2000アクセスありました

テレビ朝日の報道ステーションで、中日ドラゴンズの石井裕也選手の特集がありました。

閉鎖されたメルマ・ブログで、1,2日で2000アクセスありました。

このころヤフー、グーグルとも、「石井裕也」で検索すると、このブログでした。

「負けるな石井裕也」(2005年04月08日)

初めてプロ野球を意識したのは、横浜商工高時代のことだった。

身長1メートル78、体重70キロと決して恵まれた体とは言えない。

左腕から繰り出す快速球で、三振の山を築く。
 
石井裕也投手は、先天性の難聴で左耳がほとんど聞こえない。

右耳の補聴器でかすかに音を拾ってるだけ。

だが、マウンドに上った石井の姿に、よもや右耳に補聴器があるとは誰も気づかない。

高校三年生の夏、エースとして神奈川県地区大会で5試合に登板し、ベストエイトまで勝ち進んだ。

大会最多となる計37三振を奪う大活躍。

そこでマスコミが付けた名は、「サイレントK」だった。

チームメートとは、口の動きを見て読みとり、会話する。

だが、そのことで野球人生に支障をきたしことはなかった。

それどころか、マウンドに上がった時には、補聴器のスイッチを切る。

歓声も何も聞こえない静寂なキエティスムの世界に一人いる。

石井は小学2年で野球を始めた。

高校三年生で、ドラフトにかからず、三菱重工横浜クラブへ進んだ。

社会人野球でも活躍し、自分の可能性を賭け、プロ野球への夢を追いかけた。

ドラフトで中日ドラゴンズが 6巡目で指名し、石井はその夢を叶えた。

ハンディを乗り越えて、開幕一軍入りを果たしてもらいたい。

そしてマウンドに上り、ファンの前で三振の山を築いて欲しい。

負けるな石井裕也!

ファンは温かい気持ちで応援するよ。
posted by B級政治 at 14:41| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

規制緩和で大丈夫?

規制緩和、規制緩和で、果たして日本は大丈夫なのかと思います。

そこで、こんなことを書いてみました。

「魚の世界は規制強化」(2005年01月23日)

北米のブラックバスの一種、オオクチバスは、食べる食べる大食漢。

小さい魚を食べて、また繁殖力が強くて、日本全国の主だった湖や小さな沼にまで見つかっている。

この北米から日本にやってきた魚が、一転して規制されることになった。

環境省が特定外来生物の指定を半年間先送りにしていたが、1月21日、方針を転換。

6月の外来生物施行時から適用されることになった。

オオクチバスは北アメリカ原産。

約80年前に神奈川県の芦ノ湖に食用目的に持ち込まれ、日本中に広がった。

このまま放置しておけば、日本に古くから棲んでいた小さなおとなしい在来種を食べ尽くしてしまう。

日本古来のハエやフナはひとたまりもない。

バス釣り愛好家は全国300万人、釣り市場は年間相当額、釣り業界は反対するだろう。

すでに政治家たちが「青少年の育成に役立つ」と分かったような分からない理由で反対の動き。

それを抗して、規制強化となった。

規制反対、規制緩和ののろしを上げ、自然界、魚の世界まで規制か競争原理か、とはならないだろうか?

競争原理は強いものだけが生き残り、弱いものはなくなる弱肉強食の世界。

北アメリカのブラックバスは強いが、日本のハエ、フナは弱い。

競争原理では、日本古来のハエ、フナは到底生き残ることはできない。

市場経済がもたらすものは、強者の論理がまかり通る。

日本の社会でも始まろうとする規制緩和、競争原理は、外資系・ブラックバスのように強者には棲みやすい社会だが、ハエ、フナのような弱者は切り捨てられる社会。

日本人のすべてが、アメリカ大リーグでも勝利者であるイチロー、松井になれるわけではない。

むしろほとんどが実力も能力もない人たちだと思う。

弱者にも住みよい社会にはならないものか。

魚の世界は規制強化するのに。
posted by B級政治 at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 金融財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

気が付いたおかしな日本の国連政策

日本の国連政策って、面白い、おかしいとみなさん気が付いたようです。

色々な人に影響を与えたようです。

「入って何するの」(2004年08月02日)

8月2日、国連強化対策本部の第1回会合が外務省で開かれたそうだ。

本部長は川口外相。

検討する課題として、

@国連改革を通じた国連強化策

A10月に予定されている安保理非常任理事国選挙に向けた取り組み

B安保理メンバーとして、日本ができる貢献策

C国民の理解と協力を得るための方策

の4点。

@国連強化策?

日本の安保理常任理事国入りが、その中身のようだが、常任理事国となって、何をするの?

常任理事国になることが目的で、何をするのか見えてこない。

なって何をするのか、のほうが大事では。

A非常任理事国になるための選挙の取り組み?

ODAをばら撒いて、買収することを話し合うのであろうか。

ここの国なら小さい国だから、このぐらいのお金。

ここの国には随分援助したから、声をかければ票が入る?

ここの国はA国になびいているから、どのようにして切り崩そうとか?

よもやそんなことはないだろうとは思う。

B安保理メンバーとして貢献策?

アメリカの賛成することは賛成、反対することは反対。

アメリカの賛成することは、他国も賛成すよう根回しに回る?

日本は独立国、そんな理念なきアメリカべったりなどするわけがない?

C国民の理解と協力?

政府の批判をしないこと?
足を引っ張ることをしないこと?

「B級政治」は特にたちが悪いので、こういう輩(やから)に、悪口を言わせないようにすること?

いや政府にまだ相手もされていない存在!?
posted by B級政治 at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

権力者への批判を怠らないようにしました

人気者の小泉純一郎首相を痛烈に批判しました。

国民の人気取りを巧みにメディア利用し始めた小泉さんに、好き嫌いとの次元を超えて、権力者への批判を怠らないようにしました。

「・じないギャグは説明不足」(2004年07月23日)

04年7月22日、小泉首相が総理大臣官邸で、日韓の観光広報大使の木村佳乃さんと崔志宇(チェ・ジウ)さんの表敬を受けた。

小泉首相は、韓国ドラマ「冬のソナタ」のヒロインを演じた女優の崔志宇(チェ・ジウ)さんと長い握手。
(鼻の下も?)

開口一番、「チェ・ジウ」さんの発音が、日韓首脳会談が行われた韓国の済州(チェジュ)島の発音に似ていることから、「チェジュ」から袖ったばかりで、と受け狙いをしたが・・

崔志宇(チェ・ジウ)さんは、このギャグの意味が分からず、「???」

小泉首相のワンフーズ・ポリティクスに、日尊の説明不足が付きまとってしまったのか。

他いもなく、場が白けたようだ。

日尊の説明責任の欠如が、この大事な場面で出てしまった。

選挙で「自民党をぶっ壊す!」

「純ちゃ〜ん」人気で、純ちゃん饅・(まんじゅう)まで登場。

国技館で「感動した!」

貴乃花は膝を痛めて、力士生命を絶ち、相撲人生を棒に振った。

ところが、年金問題で「人生いろいろ」と、軽〜い、おふざけ。

イラク問題で、自衛隊が多国籍軍にアメリカ大統領と軽〜く?お約・。

その結果、選挙で敗れる。

世論の支持がつかみきれない韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の提案に乗った小泉首相。

外交に活路を見出そうと考えた。

しかし両国間に差し迫った懸案はなく、首脳同士の多密さをアピールするだけ。

すれば、外交がともに国内向けのセレモニーか。

日韓首脳会談のマスコミ受けを狙った、崔志宇(チェ・ジウ)さんとのツーショット。

これで人気挽回を、と捻(ひね)ったのであろう。

しかし朝日新聞朝刊は、これを載せていなかった。

作戦は失敗か?

xx

あれ、他紙は掲載。

「冬のソナタ糟の人気にあやかろうとした、この作戦。

乗ってしまった?

(7月26日追記)
posted by B級政治 at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

面白いとほめられた

読者の方から面白いとほめられたのは、以下のものです。

「笑えるパロディーが笑えない」(2004年07月07日)

よほど堪えたのであろうか。

パロディー作家のマッド・アマノさんの「あの米国を想い この属国を創る」

自由民主党の参院選キャッチコピーが「この国を想い この国を創る」

面白いと笑えるパロディーが、笑えない。

アマノさんを名誉毀損だとして、ホームページから削除するよう安倍晋三・幹事長と弁護士の連名で、通知書が配達証明で届けられたそうだ。

日本の対米政策、アメリカによる対イラク戦争に対する小泉政権の支持を、このように表現されては、自民党も立つ瀬がない。

改選前議席を下回りそうな世論調査。
小泉人気にも陰りが。

自民党敗北の影がちらつき始めた?
そうした背景に焦りがあるのだろうか?

そうではないと自信を持って反論できれば、こんな反応する必要はない。

自信のなさ、反論できないから、過敏に反応する。

当落線上にある自民党議員、秘書ら関係者にとっては、当選落選は死活問題。

当選できれば先生で、高給取り。

落選したら、収入無し。

それで、これからの生活どうするの?

奥さん、家族駆り出して、土下座してでも当選せねば。

当選できれば、あとは野となれ山となれ。

日本がどうなろうが知ったこっちゃない。

口だけの商売?

あるいは高所大所で、日本の行く末を案じ、進む方向を誤らぬよう判断を下すのか。

試されているのは、立候補者ではなくて、有権者かもしれない。
posted by B級政治 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。